【顔画像】医療誤診の研修医は誰?高校生死亡は日赤名古屋第二病院!

【顔画像】医療誤診の研修医は誰?高校生死亡は日赤名古屋第二病院!

2024年6月17日日赤愛知医療センター名古屋第二病院(名古屋市昭和区)が、2023年5月に当時16歳の高校生を医療誤診で死亡させたと発表がありました。

それにしても誤診認定されるまで1年間もかかるなんて、被害高校生のご家族はとても辛い戦いだった事でしょう。

誤診医療の経緯や研修医は誰なのか?

他の先輩医師に相談などなかったのでしょうか?

見ていきましょう。

目次

誤診医療の経緯と発表

日赤名古屋第二病院の誤診研修医は誰

 

  • 2023年5月28日午前5時から6時男子高校生が腹痛や嘔吐などを訴え日赤名古屋第二病院に救急搬送。研修医がCD検査等から急性胃腸炎と診断
  • 同日午前11時台症状が収まらず高校生が再度救急外来を受診。別の研修医が翌日の近くのクリニック受診を指示。
  • よく29日朝クリニックで緊急対応が必要と診断される。
  • 午前10時病院を改めて受診。SMA症候群の疑いと診断される。
  • その日の午後に入院しましたが、午後7時から8時大量の嘔吐とショック状態に陥る
  • 30日午前1時心肺停止を確認。
  • 約半月後の6月15日午前4時死亡を確認。

 

 同病院は、院内医療事故調査委員会を設置。調査委は「研修医のCT画像の評価や、脱水症の評価、研修医のサポート体制が不十分」などと指摘し、「診療が不適切だった」と結論づけ、遺族に謝罪した。

高校生の遺族は

「研修医の勝手な判断、誤診がなければ、このような結果になっていなかった。何度も助けられる機会はあったのに見過ごされ、後悔しかありません。診断ミスで16歳の人生を突然終わらせてしまったこと、夢見ていた未来を奪ったことを忘れないでください

佐藤公治院長は

記者会見で「最後まで適切な対応ができなかった。未来ある患者を救うことができず、大変申し訳なく心からおわび申し上げます」と謝罪した。

それにしてもいたたまれない事故が起きてしまいました。

高校生が亡くなってしまってから謝罪発表まで一年以上もかかるのもご遺族はとても辛かった事でしょう。

 【顔画像】誤診研修医は誰?

名古屋第二日赤の誤診研修医は誰?

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第二病院の公式Instagramから研修医についての投稿がありました。

ですが研修医は複数名おられ、事故も一年前の事、今回掲載しれていた研修医とは別の人物の可能性が高いです。

今後も発表されることはないでしょう。

同病院やすべての病院にも先輩医師の研修医へのフォロー体制など再発防止を徹底してほしいですね。

そもそも医師の激務は、日本医療のあり方から問題なのかもしれません。

そこで世間の声もみていきましょう。

世間の声

まずはこの高校生が本当に気の毒だし、ご冥福をお祈りしたい。。 一方、この病院はさも研修医が悪いかのように言ってますが、通常研修医が書いたカルテは必ず現場にいた上級医がカウンターチェックして初めて確定されるシステムになってるはずです。

つまり上級医が見てなかったか、適当にカルテチェックしました、というボタンを押したかです。

そもそも、研修医が判断を誤ることはよくあるし、相談せずというケースも散見されることはわかってるのだから、通常の医療現場では研修医の診察の際には必ず現場で上級医が目を光らせるのが義務であり、それができなかったのは責任は上級医、ひいては研修医の診察がスルーされてしまうこの病院のシステムに問題があると思います。「研修医の誤診のせいで死亡事故が起きた」と平気で言ってしまってるこの自体がかなりやばいしと個人的には思いますし、違和感しかありません。

 

研究室の博士課程の医師の先輩が言ってましたが、あまりにも研修医に対してこじつけがすぎると。 まさにその通りだと思います。研修医なんて、まだ駆け出しの医師です。疾患の判別でミスしてしまうのは仕方ないことだと思います。そのために上級医がついてますよね。 もちろん上級医に確認しなかった研修医の責任も重い。ただ、それと同じくらいには上級医、病院の体制の不備に対する責任も重いと思う。

 

医療の2024年問題も関係しているのでしょうか。 専門でないのでよくわかりませんが、研修医が2名とも誤診って、間違えやすい症状だったんでしょうか、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

  • URLをコピーしました!
目次